効率のいい荷造り法って何?

Reading time:

引越しって何かと大変な作業の連続で、普段の生活をしながら準備することって本当に疲れます。
ましてや、人数が多くなると荷物の量もそれに伴って膨大な量となってしまいます。
一つ一つ確認して荷造りをするだけでも多くの時間を費やさなければならず、本当に精根尽き果てるほどの大仕事になってしまいます。
効率よく荷造りするには、一つのエリアごと一つの部屋ごとに時間を決めてまず「いるもの」「いらないもの」と大きく分けることから始め、いるものを荷造りするという方法がいいと思います。
漠然とだらだらとやってしまうと精神的にもきつくなることは間違いないし、片付くのが目に見えることで気持ちも楽になれると思います。
いらないものは積極的に処分あるいはリサイクルすることをおすすめします。
リサイクルショップにまとめていらないものを持ち込み、または出張買取りサービスなどを利用し不用品の引き取をしてもらうというのも荷物を減らすうえではとても有効な手段であると思います。
「いるもの」「いらないもの」の選別では、すぐに判断する瞬発力のような判断が必要になってきます。
いろいろ考えちゃうとやっぱり手放せない…となり結局荷物が減らすことができません。
挙句の果てに、捨てられないと新居に持って行っても使わなければお金をかけて荷物も運んだこと自体がムダになってしまうことになります。
片付けの法則に「ときめくもの」「ときめかないもの」とか「それを使っている自分を想像できるか?」なんていういわゆる基準のようなものを聞いたことがありますが、まさに瞬発力で判断する意味がそこにはあるのです。
一生懸命に荷造りをしたところで、新居ではその逆の荷解きというこれまた大変な作業があることも同時に考えながら、荷物を減らし、効率よく荷造りできるようにすることが、少しでも引越しの苦労を軽減する策になると思います。

【関連情報】
引越し料金って違うの?

Next